初夏・夏季節の”薄着”のための「脱毛処理(ムダ毛処理)」!!素肌への安心感を大切に。

脱毛器 初夏・夏季となると”薄着スタイル”が基本となる季節です。そんな季節だからこその肌ケア要素と なるのが、”ムダ毛処理(脱毛)”。近年では、女性だけでなく、若い男性の中でも、”ムダ毛処理” を心がける人が増えているようです。

ただ、「脱毛・ムダ毛のお手入れ」に関して、案外正しい知識を持っていない方も多いもの。都市伝説的な 噂話(嘘の情報)もわりと存在していますからね。そんな噂情報を信じてしまっている人も中には存在 しているようですし。

”ムダ毛”と呼ばれていますが、本来そんな”体毛”も身体にとって必要な機能を有しているもの。 必要だからこそ、存在しているわけです。それゆえに、”脱毛・ムダ毛のお手入れ”は、正しい知識を持った 上で、適切な方法で行ないたいもの。特に、「素肌への安全性」などもきちんと念頭にした対処を 心がけたいものです。自ら、自分の肌を痛めてしまう・・・そんなことだけは避けたいものですよね。

夏季節の”お悩み””肌ケア”関連情報

まずは、”ムダ毛の処理方法”の種類を知っておきましょう!!4種類の処理方法。

脱毛処理 世の中には、いろいろな呼び名の”脱毛機器”や”脱毛・ムダ毛処理施術方法”などが 氾濫しています。いろいろ迷ってしまうことも多いものですよね。ただ基本的に”ムダ毛処理の仕組み”を考える とその実体としては、「4種類の方法」に分類することができるのです。 それが「剃る」「抜く」「焼き切る」「毛母細胞処理」の4つの手法です。

各々の手法に対して、”昔ながらの対処方法”から”最新式の器具による対処方法”まで存在している のです。例えば、「抜く」という手法に対して、昔ながらの道具(毛抜き)を使用して、丁寧に毛抜き していく方法もあれば、最新式の”電動脱毛器”によって、素早く毛抜きしていく方法も存在している ということです。基本的に、”手法”が同じであれば、昔ながらの道具を使用する方法でも最新式機器 を使用する方法でも、「もたらされる結果(効果)は同じ」ということは、ぜひ、しっかりと認識して おいていただきたい要素です。 ”方法の違い(昔ながらの道具or最新式機器)”はあくまで、「利便性」「使い勝手」「対応可能な使用部位」 の違いとして現れてくる要素なのです。


■ムダ毛を”剃る”
使用する道具としては、昔から活用されている「カミソリ」が一般的。鋭利な刃先で、ムダ毛を 切り取ることによって、処理する手法です。家庭用脱毛器(本質的には除毛機器)と呼ばれているものの中に もこの仕組みを有しているものがあります。(電動脱毛器) 基本的には他の手法にも共通した話となりますが、昔ながら「剃刀(カミソリ)」の場合には、自分の素肌状態 にあわせて、”丁寧に処理することが出来る”のが特徴。対して、「電動式機器(除毛、カミソリ)」の 場合には、素早く、広範囲を対処することが出来るものとなります。「脱毛クリーム」もこの分類に入る かもしれません。

【特性】
都市伝説のような話として、”ムダ毛を剃りすぎると、毛が太くなる”というような話がありますが、 それは嘘。典型的な噂話です。毛の太さは、毛母細胞の活力・生産力によって促されるもので、 ”剃る”ことによっての影響はありません。ただし、そのような話が出るのは、各自の体質(肌色、 毛の太さなど)によって異なりますが・・”毛の断面部分”が目立つ(色、断面積)ようになることで 、産毛が太くなったと勘違いしてしまう人がいるというのが実体のようです。


■ムダ毛を”焼き切る”
古き手法としては、「お線香などの火によって、産毛を焼き切る」という処理方法があります。 現代においても、局所的に丁寧な処理を心がけるときに、そのような方法を活用している人も 少ながらず存在しています。ただ、慣れていないと、”ヤケド””肌への影響”を与えてしまう こともあるため、注意は必要です。そんなデメリット要素を無くした、最新方式が「サーミコン方式」 と呼ばれるもの。”熱線”を内臓した家庭用脱毛器(代表的なサーミコン式アイテムとして、NONOHAIR/ノーノーヘア という商品が 多くの人に支持されています。)として採用されています。肌の上を軽く滑らせる だけで、熱によりムダ毛を処理(焼き切る)。ヤケドや肌への影響も無い高い安全性と手軽に持ち運べる高い携帯利便性 が人気の要素となっています。

【特性】
「剃る」手法と比較して、「焼き切る」手法においての最大の違い(特徴)となるのが、ムダ毛の 切断面が”丸みを帯びた形状”となるということ。それによって、”剃った”ときには、目立つ 可能性がある切断面(毛の断面)が、目立ちにくくなるのです。


■ムダ毛を”抜く”
昔から使用されている道具として「毛抜き」があります。一本一本のムダ毛を丁寧に脱毛処理していく方法です。 綺麗に美しく脱毛処理を行うという意味では、”毛抜き”による対処は廃れることなく、今も尚重要視されている 方法です。そんな”毛抜き”手法を機械式(電動)で行う脱毛機器が多数存在しています。仕組みにはいろいろと 種類がありますが、基本的に機械的な仕組みによって、”毛抜き”を行うことには違いがありません。 ただ、脱毛機器の種類によって、「脱毛時の痛み感覚(強弱)」「処理時間」「対応部位」などに違いが存在 することとなります。 また、機械式脱毛機器の他に、「脱毛テープ」といったものが存在 しています。

【特性】
基本的にな傾向(特徴)を端的に表すと、「部位を選ばす、丁寧に脱毛できる方法(毛抜きの活用)の場合は、 処理時間がかかり、処理範囲が狭くなる」ということ。対して、「脱毛処理範囲が広く、素早く処理できる方法ほど、 使用できる部位も限定傾向があり、除り残しのムダ毛(丁寧さに劣る)が残りやすい」という特性があります。


■毛母細胞を処理する(壊す)
”永久脱毛”という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、それを実現するための手法となるのが 「毛母細胞を処理する(壊す)」という方法です。この”毛母細胞”というものが、毛根及び毛を創出 する働きを有している要素。基本的には、毛母細胞が無ければ、毛が生えることはありません。 この”毛母細胞”自体を光のエネルギー(インテンスパルスライト、レーザーなど)によって、 細胞機能停止(破壊など)させる方法(脱毛)です。活用する”光種類”の違いによって、体分すると2つの 方法が存在しています。ひとつが「フラッシュ式」と呼ばれるもの。もうひとつが「レーザー式」と 呼ばれる方法です。

【特性】
以前は、「レーザー式」が主流となっていました。ただし”レーザー式”の場合、その取り扱い方や 使用条件などに複数の条件及び注意点があり、使い方を誤ると”皮膚の色素沈着など”のトラブルを 招く可能性があります。それゆえに、現在では、家庭用脱毛器としては” インテンスパルスライト” という光のエネルギーを使用する「フラッシュ式」が主流となっています。「レーザー式」は、 専門エステサロンや皮膚科(脱毛施術が出来る)といった専門技能者が活用する方法となっています。 (今でも家庭用脱毛器として、レーザー式は存在していますが、機能性・影響を考えると自分自身で 使用するものとしては、フラッシュ式とすべきと考えています。)


私は思います。ムダ毛の処理をしたいと思った「時期」「身体部位」によって手法を使い分けること!!

世の中の情報としては、「エステサロンにて、脱毛処理したほうが良い」・・いやいや「家庭用脱毛器を 使用して、対処したほうがコストパフォーマンスが高い」など、どちらかというと”比較議論”が目立つ ような気がしています。でも、私が思うには、日常生活の実態を考えれば、「脱毛したいと思った時期・季節及び 対処したい身体部位などの違いによって、その都度手法を使い分ける」というのが、最も現実的であり、 好ましい考え方だと思っています。

例えば、「腋の下のお手入れ」であれば、基本的に季節を問わず綺麗に脱毛処理していたほうが良いと 思う人のほうが多いものですよね。それであれば、”フラッシュ式の脱毛処理”や”エステなどでの脱毛処理” を活用したほうが良いと考えるかもしれません。ただ、逆に、”肌トラブル”などをあまり気にする必要が 無い身体部位(脇の下)であることを考えると、状況に応じて”カミソリ”でのお手入れを心がける というやり方のほうが良いと思う人もいるものです。

また、夏の季節に薄着・肌を露出する機会が増えることに対して、どちらかという局所的・限定的なムダ毛処理 (脚だけ、腕だけ、脇の下だけなど)で十分だと思っている人も多数いるはずです。それは、人それぞれ体質・身体的 特性が異なるから。日常生活でも必要だけど・・旅行などのイベント時にこそ、お手入れを心がけたいといった 感じで、シチュエーションによっても、状況(お手入れに対する考え方)は変わるものですよね。こんな時であれば、 ”手軽に活用できること””痛みも無く使用””携帯できること”などを重視して、「サーミコン方式の脱毛器」 を活用するのが良さそうです。


”ムダ毛のお手入れ”手法のおすすめな組み合わせ。

実際に、自分で”むだ毛のお手入れ”をすることを考えたときに、有しておきたい”お手入れ(脱毛)手法” としては、下記のいずれかの組み合わせがおすすめとなりそうです。最も必須となるのは、昔ながらの 「毛抜き」かと。かならず、局所的に脱毛残しは発生するものですので、「毛抜き」は必須となるものと 思っています。しかも、”毛抜き”という道具は、シンプルながら、職人さんが手作りした道具と大量工場 生産品とでは、使いやすさにも大きな違いが出ることがあるんですよ。また、ムダ毛が長いと、脱毛器で処理 しくにいことも。そんな時には多少長さを短くしてから、対処することが必要となりますので、「剃る(カミソリ)」 も常備しておきたい道具となりますよね。

■常備品「毛抜き」&「カミソリ」!!
これは、常備品として必須。”カミソリ”はどんなものでも違いは無いかと。しかし、”毛抜き”に関しては 「職人創作品」を有しておくととっても有効です。消耗品ではありませんので、大量生産品と価格差がかなり ありますが、一生使用していけることを考えれば、職人創作の毛抜きを愛用すべきかと。毛根を残すことなく 、毛抜きが出来やすいという機能性としても、わずかながら違いを感じるものです。

■「抜く(電動毛抜き、脱毛テープ)」「脱毛クリーム」は継続しない手法として考える!!
基本的に、「抜く」という手法と「脱毛クリーム」による手法は、少なからず”肌へのダメージ”は存在 するものです。特に、脱毛クリームの場合には、化学的作用(アルカリによって毛を溶解して切断するという 仕組み)によるものですので、肌に対しても化学的な作用が及ぶことに。肌の弱い人、敏感肌の人は、 避けておきたい手法です。原則、局所的な範囲で単発利用(継続して使用しない)を前提としている ものと考えておくいといいのではないでしょうか。

■おすすめ1:「フラッシュ式脱毛器」!!
細かな部位や残り処理は、常備品である”毛抜き・カミソリ”を併用することを前提に、 数週間単位で、脱毛効果を持続させたい・・そういう”思い”があるときには、 「フラッシュ式の家庭用脱毛器」の活用が効果的なものなると思います。先にも記して いますが、「レーザー式」は家庭で活用する方法としては、デメリット・注意点が「フラッシュ式」 と比較して多いことから不適。利便性・機能性という意味でも、”フラッシュ式家庭用脱毛器” が良いものに。(実際、現在では、人気上位の家庭用脱毛器の大半がフラッシュ式となっています。) ただし、家庭用機器としては、わりと高額な商品となっているのがデメリットと言えるのかもしれません。

■おすすめ2:「焼き切る(サーミコン式脱毛器)」!!
夏の季節、手軽に気になる部位の”ムダ毛のお手入れをしたい”という「手軽さ」「高い汎用性」 「痛みが無く、肌にも負荷が無い」を重視するのであれば、「サーミコン式脱毛器」が おすすめとなります。気になる部位(ムダ毛)を見つけたら、その時すぐに、対処できる (お手入れ)できるという出軽さは、他の何よりも優れている要素です。 もちろん、肌への影響が無い(刺激が少ない)手法となりますので、全身どの部位にでも 対処できるのも大きな魅力に。コストパフォーマンスにも優れています。

その手軽さで大人気。”サーミコン方式”家庭用脱毛器「no!no!HAIR (ノーノーヘア)」

家庭用脱毛器

”持ち運び”の手軽さ。 ジェルやローションも不要、電源をつけて肌の上を滑らせるだけで 気になる部分のムダ毛処理(除毛)が出来る手軽さが人気を呼んでいる ”サーミコン方式”の家庭用脱毛器「no!no!HAIR (ノーノーヘア)」です。 スタイリッシュなフォルムと好みに合わせて選べる色彩バリエーションが豊富なのも人気の要素 となっているようです。 新技術サーミコンは肌に直接触れないで使用できることから肌ダメージが少なく、肌にやさしいので無理なく継続的に 活用できるアイテムとなっています。

商品の詳細(詳細な機能・仕組み・価格など)は、こちらのno!no!HAIR (ノーノーヘア)公式HP(公式SHOP)を ご参照いただければと思います。
商品の詳細・購入

継続的な高い支持を得ている、”フラッシュ式”家庭用脱毛器「ケノン」

家庭用脱毛器

年々機能的な改良も加えられると共に、多くの人から継続的に高い支持を得ている ”フラッシュ式”家庭用脱毛器となるのが「ケノン」です。”フラッシュ式”の機能性・メリット を最大限に追求しているのはもちろんのこと、家庭用アイテムとして、”見栄えが美しいフォルムであること” ”全体的にコンパクトなフォルムであること”も重視されているのが高い支持を継続していける ポイントとなっているのかもしれません。”コンセント”からの電源供給方式ですので、 「バッテリー充電時間」が不要なのも、案外重宝される要素となっています。

機能的な詳細データ(照射出力、価格、色彩バリエーションなど)は、こちらの 家庭用脱毛器「ケノン」公式HP(公式SHOP) をご参照いただければと思います。
商品の詳細・購入

カートリッジ交換不要で最大10万回の照射。”フラッシュ式”家庭用脱毛器「レイボーテエクストラ」

家庭用脱毛器


新発売となったばかりの、最新フラッシュ式家庭用脱毛器(レイボーテエクストラ)です。 「ハイパワーフラッシュ光美容器」と名付けられているように、一度で広範囲に光照射できる のが魅力。照射範囲が広いということは、短時間でムダ毛のお手入れが出来る手軽さがあるという ことです。また、業界初の最新機能として、”クール機能”が搭載されています。光照射に伴う お肌への 負担をさらに減少させる(抑える)ものであり、さらなる安心感を感じることが 出来る要素となるのではないでしょうか。

機能的な詳細データ(照射出力、価格、色彩バリエーションなど)は、こちらの 家庭用脱毛器「レイボーテエクストラ」公式HP(公式SHOP) をご参照いただければと思います。
商品の詳細・購入